• 2020.07.09
  • サイト新着情報

「バリュエーション手法」と「財務デューデリジェンス」の関係を理解する【失敗しないM&Aのための「財務デューデリジェンス」】

『「バリュエーション手法」と「財務デューデリジェンス」の関係を理解する 』についての解説記事がアップされました。『失敗しないM&Aのための「財務デューデリジェンス」』シリーズ連載の第2回目の解説です。

 

[解説]

公認会計士・中小企業診断士  氏家洋輔

 

 

 

  • 2020.07.08
  • サイト新着情報

コロナ禍、「生き残り」のためのM&A!64.8%の経営者が 新型コロナの影響で会社や事業の買収を実施・検討の事実 〜株式会社バトンズ、新型コロナウイルスを背景としたM&A需要調査を実施〜【調査レポート】

『コロナ禍、「生き残り」のためのM&A!64.8%の経営者が 新型コロナの影響で会社や事業の買収を実施・検討の事実 〜株式会社バトンズ、新型コロナウイルスを背景としたM&A需要調査を実施〜』がアップされました。

 

 

 

 

  • 2020.07.07
  • サイト新着情報

家賃支援給付金の詳細情報が公表(2020年7月7日)。制度内容は、給付額は、申請方法は。【新型コロナウイルスに関するM&A・事業再生の専門家の視点】

『家賃支援給付金の詳細情報が公表(2020年7月7日)。制度内容は、給付額は、申請方法は。』がアップされました。

 

 

[解説]

公認会計士・中小企業診断士 氏家洋輔

 

 

 

 

 

 

 

』がアップされました。

 

 

[解説]

公認会計士・中小企業診断士 氏家洋輔

 

 

 

 

 

 

 

  • 2020.07.06
  • サイト新着情報

共有物の分割で不動産取得税がかかるとき【解説ニュース】

『共有物の分割で不動産取得税がかかるとき』についての解説記事がアップされました。

 

不動産の共有状態を解消する場合に行われるのが不動産現物の「共有物の分割」です。この場合、分割前の共有物に係る持分の割合を超える部分を取得した場合には、不動産取得税がかかります。今回は不動産取得税が課税される共有物分割について整理しました。

 

 

[解説]

税理士法人タクトコンサルティング(遠藤 純一 )

 

 

 

 

 

 

  • 2020.07.01
  • 閲覧ランキング

2020年6月に最も閲覧された解説レポート/Webセミナーは?【閲覧回数ランキング】

【ZEIKEN LINKS(ゼイケン リンクス) 閲覧回数ランキング】

(集計期間 2020/06/01~2020/06/30)

 


1位 【Q&A】解散をした場合の役員退職金の支給について[税理士のための税務事例解説]

 

2位 新型コロナ対策融資と特例リスケ ~事業再生の専門家の観点から~[新型コロナウイルスに関するM&A・事業再生の専門家の視点]

 

3位 簡単なアンケートとクイズにご回答ください。抽選で20名様に2,000円分の図書カードネットギフトをプレゼントいたします!【アンケート&クイズのお知らせ】

 

4位 PPA(Purchase Price Allocation)の基本的な考え方とは?[経営企画部門、経理部門のためのPPA誌上セミナー]

 

5位 【Q&A】のれんの税務上の取扱い[税理士のための税務事例解説]

 

6位 【Q&A】解散に際して支払われる役員退職金の課税関係[税理士のための税務事例解説]

 

7位 【Q&A】M&Aに伴う手数料の処理[税理士のための税務事例解説]

 

8位 M&Aにおける価値評価(バリュエーション)の手法とは?[M&A担当者のための実践講座『価値評価(バリュエーション)』]

 

9位 【Q&A】子が事業を引き継いだ場合の引き継いだ資産に係る減価償却[税理士のための税務事例解説]

 

10位 「財務デューデリジェンスの目的」を理解する[失敗しないM&Aのための「財務デューデリジェンス」] 

 

 

※Webセミナーの閲覧、Q&A解説の全文閲覧、資料ダウンロード等には、会員登録(無料)が必要です。

 


 

 

  • 2020.06.30
  • サイト新着情報

倍率法における価値評価(バリュエーション)のポイントとは?【M&A担当者のための実践講座『価値評価(バリュエーション)』】

『倍率法における価値評価(バリュエーション)のポイントとは?』についての解説記事がアップされました。

 

M&A担当者のための実践講座『価値評価(バリュエーション)』シリーズの第2回目は、『倍率法における価値評価(バリュエーション)のポイントとは?』です。

 

[解説]

公認会計士・税理士  中田博文

 

 

 

 

 

 

  • 2020.06.29
  • サイト新着情報

経営状況が悪化した場合の定期同額給与 ~コロナウイルスの影響で大幅に売上高が落ち急激に業績が悪化、役員報酬の大幅な減額を検討~【税理士のための税務事例解説】

事業承継やM&Aに関する税務事例について、国税OB税理士が解説する事例研究シリーズです。

今回は、「経営状況が悪化した場合の定期同額給与」についてです。

 

 

※このページでは「質問」のみご紹介いたします(回答は本文ページにてご覧ください)

 

 

 

[質問]

「役員報酬の臨時改定事由」に該当するか否かご教示ください。

 

 <概要>
・5月決算の法人です。(飲食店を営んでいます)
・従業員は代表取締役である社長ほか多数です。
・銀行等第三者からの借入はありません。
・株主は社長のみです。

 

 <質問>
昨今のコロナウイルスの影響で、大幅に売上高が落ち急激に業績が悪化しています。そのため役員報酬の大幅な減額を検討しています。その場合は法人税基本通達9-2-13《経営の状況の著しい悪化に類する理由》に該当しますか。

 

また業績が回復した後に通常改定以外で役員報酬を増額した場合は、増額分が損金不算入でよろしいでしょうか。