トップ

  • 2020.01.29
  • サイト新着情報

実際に売却するときの留意点は?-DDの受入れや価格交渉-【M&A担当者がまず押さえておきたい10のポイント】

実際に売却するときの留意点は?-DDの受入れや価格交渉-』がアップされました。

 

M&A担当者向けの解説シリーズ「M&A担当者がまず押さえておきたい10のポイント」です。

第4回目は「実際に売却するときの留意点は?」について解説します。

 

 

[解説]

松本久幸 公認会計士・税理士(株式会社Stand by C)

大和田寛行 公認会計士・税理士(株式会社Stand by C)

 

 

 

  • 2020.01.28
  • サイト新着情報
  • M&A案件

M&A案件情報(譲渡案件)(2020年1月28日)/建築設計事務所(西日本)、職別工事業(設備工事業を除く)(関東)ほか

M&A案件情報(譲渡)がアップされました。

-以下のM&A案件(3件)を掲載しております-

 

●【大手企業との取引ルートを確保】段ボールを中心とした企画・製造メーカー

[業種:製造業/所在地:九州地方]

●大手ゼネコンと強固な取引関係を有する工事業者。財務盤石、無借金経営。

[業種:職別工事業(設備工事業を除く)/所在地:関東地方]

●若手建築士を擁し、高いデザイン力を有する設計事務所

[業種:建築設計事務所/所在地:西日本]

 

 

 

  • 2020.01.27
  • サイト新着情報

個人事業者が事業を廃止した場合の事業用資産に係る課税関係【税理士のための税務事例解説】

事業承継やM&Aに関する税務事例について、国税OB税理士が解説する事例研究シリーズです。

今回は、「個人事業者が事業を廃止した場合の事業用資産に係る課税関係」についてです。

 

 

※このページでは「質問」のみご紹介いたします(回答は本文ページにてご覧ください)

 

 

 

[質問]

 

鮮魚店を営む個人事業者が本年11月末日に廃業します。この個人事業者は簡易課税制度を適用しています。

 

廃業後は、事業に供していた店舗建物は、個人において車庫として使用する予定です。

 

この場合、その店舗建物を家事のために消費し、又は使用した時とは、廃業する本年11月末日をいうのでしょうか。また、その譲渡価額は簿価をいうものと考えてよいでしょうか。

 

 

 

 

 

 

  • 2020.01.27
  • サイト新着情報

障害者に関する所得税・相続税・贈与税の特例措置【解説ニュース】

『障害者に関する所得税・相続税・贈与税の特例措置』についての解説記事がアップされました。

 

障害者を支援する様々な取り組みが行われていますが、税金面での支援も見逃すことはできません。今回は、所得税・相続税で障害者やその親族に対し、用意されている税制上の特例についてまとめました。

 

 

 

[解説]

税理士法人タクトコンサルティング(宮田 房枝/税理士)

 

 

 

  • 2020.01.23
  • サイト新着情報

「会計監査」と「デューデリジェンス(買収監査)」の違い ~会計監査とは? デューデリジェンスとは?~【M&Aを基本から理解するための解説】

「会計監査」と「デューデリジェンス(買収監査)」の違い  ~会計監査とは? デューデリジェンスとは?~』がアップされました。

 

 

[解説]

公認会計士・中小企業診断士 氏家洋輔

 

 

 

 

  • 2020.01.23
  • Webセミナー
  • 税制
  • 民法改正

特別寄与料の創設に伴う税務の取扱い、夫婦間における居住用不動産の贈与等と贈与税の配偶者控除との関係、遺留分侵害額請求権制度が税務に及ぼす影響

「税理士業務(税務)との関わりで捉える民法(相続編等)改正」 6/6

~Ⅱ 民法改正に伴う税務の対応~

 

3.特別寄与料の創設に伴う税務の取扱い
(1)特別寄与料に対する相続税の取扱い
(2)相続人が支払う特別寄与料の相続税の取扱い
4.夫婦間における居住用不動産の贈与等と贈与税の配偶者控除との関係
5.遺留分侵害額請求権制度が税務に及ぼす影響

 

 

「税理士業務(税務)との関わりで捉える民法(相続編等)改正」より
2019年6月18日収録

 

 

 

【全6回】

~Ⅰ 民法(相続編)改正~ポイントと実務への影響~

第1回  配偶者の居住の権利について

第2回 遺産分割等に関する見直し、遺言制度に関する見直し

第3回 遺留遺留分制度の見直し、相続の効力等に関する見直し、特別の寄与

 

~Ⅱ 民法改正に伴う税務の対応~

第4回 成年年齢の引下げが税務に及ぼす影響

第5回 配偶者居住権の創設に伴う税務の取扱い

第6回 特別寄与料の創設に伴う税務の取扱い、夫婦間における居住用不動産の贈与等と贈与税の配偶者控除との関係 、遺留分侵害額請求権制度が税務に及ぼす影響

  • 玉越 賢治 /税理士
  • 株式会社タクトコンサルティング 代表取締役社長/税理士法人タクトコンサルティング 代表社員
  • 2020.01.23
  • Webセミナー
  • 税制
  • 民法改正

配偶者居住権の創設に伴う税務の取扱い

「税理士業務(税務)との関わりで捉える民法(相続編等)改正」 5/6

~Ⅱ 民法改正に伴う税務の対応~

 

2.配偶者居住権の創設に伴う税務の取扱い
(1)配偶者居住権とそれが設定されたた建物の評価
(2)配偶者居住権に基づく居住建物の敷地利用権とそれが設定された敷地の評価
(3)配偶者居住権は登記できるのか
(4)配偶者居住権は物納できるのか
(5)配偶者居住権が設定された居住建物の固定資産税は誰が負担すべきなのか

 

 

「税理士業務(税務)との関わりで捉える民法(相続編等)改正」より
2019年6月18日収録

 

 

 

【全6回】

~Ⅰ 民法(相続編)改正~ポイントと実務への影響~

第1回  配偶者の居住の権利について

第2回 遺産分割等に関する見直し、遺言制度に関する見直し

第3回 遺留遺留分制度の見直し 、相続の効力等に関する見直し、特別の寄与

 

~Ⅱ 民法改正に伴う税務の対応~

第4回 成年年齢の引下げが税務に及ぼす影響

第5回 配偶者居住権の創設に伴う税務の取扱い

第6回 特別寄与料の創設に伴う税務の取扱い、夫婦間における居住用不動産の贈与等と贈与税の配偶者控除との関係 、遺留分侵害額請求権制度が税務に及ぼす影響

  • 玉越 賢治 /税理士
  • 株式会社タクトコンサルティング 代表取締役社長/税理士法人タクトコンサルティング 代表社員
  • 2020.01.23
  • Webセミナー
  • 税制
  • 民法改正

成年年齢の引下げが税務に及ぼす影響

「税理士業務(税務)との関わりで捉える民法(相続編等)改正」 4/6

~Ⅱ 民法改正に伴う税務の対応~

 

1.成年年齢の引下げが税務に及ぼす影響
(1)相続税の未成年者控除
(2)相続時精算課税制度
(3)直系尊属から贈与を受けた場合の贈与税率の特例
(4)相続時精算課税適用者の特例
(5)非上場株式等に係る贈与税の納税猶予制度(及び特例制度)

 

 

「税理士業務(税務)との関わりで捉える民法(相続編等)改正」より
2019年6月18日収録

 

 

 

【全6回】

~Ⅰ 民法(相続編)改正~ポイントと実務への影響~

第1回  配偶者の居住の権利について

第2回 遺産分割等に関する見直し、遺言制度に関する見直し

第3回 遺留遺留分制度の見直し 、相続の効力等に関する見直し、特別の寄与

 

~Ⅱ 民法改正に伴う税務の対応~

第4回 成年年齢の引下げが税務に及ぼす影響

第5回 配偶者居住権の創設に伴う税務の取扱い

第6回 特別寄与料の創設に伴う税務の取扱い、夫婦間における居住用不動産の贈与等と贈与税の配偶者控除との関係 、遺留分侵害額請求権制度が税務に及ぼす影響

  • 玉越 賢治 /税理士
  • 株式会社タクトコンサルティング 代表取締役社長/税理士法人タクトコンサルティング 代表社員
  • 2019.12.06
  • Webセミナー
  • ひな形資料
  • DD

「財務デューデリジェンス実施における『事前資料依頼一覧』」(資料ダウンロード)

「財務デューデリジェンス実施における『事前資料依頼一覧』」

※Webセミナー解説はございません。

 

財務デューデリジェンス実施における『事前資料依頼一覧』資料データ!   M&Aに関する各種資料サンプルデータ公開中!
「財務デューデリジェンス実施における『事前資料依頼一覧』」

 

 

[サンプル(イメージ)]

 

 

枚数:計3ページ(A4サイズ)

 

 

[ご利用にあたって]

※本ページのひな形は、あくまでも一例となっております。使用する内容にあわせて、文言などを適切に追加・修正・削除してご利用ください。法令等は改正等される場合もございますので、ご使用の際には専門家に相談することをお勧めします。

※契約書等のひな形の使用結果について、著者及び株式会社税務研究会は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

※本ページは、予告なく公開を終了する可能性がございます。

 

※Webセミナー解説はございません(資料のみダウンロードしてご活用ください)

  • 野村 昌弘 /公認会計士、税理士
  • アヴァンセコンサルティング株式会社 代表取締役
  • 2019.12.05
  • Webセミナー
  • 民法改正

遺留分制度の見直し、相続の効力等に関する見直し、特別の寄与

「税理士業務(税務)との関わりで捉える民法(相続編等)改正」 3/6

~Ⅰ 民法(相続編)改正~ポイントと実務への影響~

 

4 遺留分制度の見直し
⑴ 遺留分を算定するための財産の価額に算入する贈与の範囲
⑵ 遺留分侵害額の請求
⑶ 受遺者又は受贈者の負担額
5 相続の効力等に関する見直し
⑴ 共同相続における権利の承継の対抗要件
⑵ 遺言執行者がある場合における相続人の行為の効果等
6 特別の寄与

 

 

「税理士業務(税務)との関わりで捉える民法(相続編等)改正」より
2019年6月18日収録

 

 

 

【全6回】

~Ⅰ 民法(相続編)改正~ポイントと実務への影響~

第1回 配偶者の居住の権利について

第2回 遺産分割等に関する見直し、遺言制度に関する見直し

第3回 遺留遺留分制度の見直し、相続の効力等に関する見直し、特別の寄与

 

~Ⅱ 民法改正に伴う税務の対応~

第4回 成年年齢の引下げが税務に及ぼす影響

第5回 配偶者居住権の創設に伴う税務の取扱い

第6回 特別寄与料の創設に伴う税務の取扱い、夫婦間における居住用不動産の贈与等と贈与税の配偶者控除との関係 、遺留分侵害額請求権制度が税務に及ぼす影響

  • 吉岡 毅 /弁護士
  • 奥・片山・佐藤法律事務所 パートナー
  • 2020.01.23
  • Q&A
  • バリュエーション

DCF法の算定における継続価値

Q

DCF法の算定においては、事業計画よりも後の年度のフリーキャッシュフローを継続価値として見込むそうですが、「継続価値」について教えてください。

  • 2019.12.16
  • Q&A
  • バリュエーション

DCF法の算定に必要な「事業計画」「フリーキャッシュフロー」

Q

DCF法の適用にあたっては、一般的に「事業計画から見込まれる利払前のフリーキャッシュフロー(FCF)を、加重平均資本コスト(Weighted Average Cost of Capital;WACC)を用いて割引現在価値を算出する方法)を用いる」とのことですが、ここで出てくる「フリーキャッシュフロー」について、教えてください。

  • 2019.10.04
  • Q&A
  • 入門
  • 専門実務

M&Aの労務リスク

Q

M&Aの際に「労務リスク」が問題になるケースが増えていると聞いたのですがどのようなケースですか?