トップ

  • 2020.04.07
  • サイト新着情報

清算結了した法人の帳簿保存義務について【税理士のための税務事例解説】

事業承継やM&Aに関する税務事例について、国税OB税理士が解説する事例研究シリーズです。

今回は、「清算結了した法人の帳簿保存義務について」についてです。

 

 

※このページでは「質問」のみご紹介いたします(回答は本文ページにてご覧ください)

 

 

 

[質問]

当社は設立以来35年にわたり業務を続けてまいりましたが、代表者に健康問題が生じ事業継続に不安があることから今期を最後の事業年度として解散することになりました。

 

今期中に従業員や代表者の退職手続きや資産の処分などを行って解散登記し、その後3~4月以内に清算結了が可能と踏んでいます。

 

青色申告法人の帳簿書類の整理保存については法人税法施行規則第59条に規定があり当社はこれを順守してきましたが、解散し清算結了した法人に対して当該規定はどの様な効果を持つのでしょうか。

 

清算結了により法人格は消滅しその時点で帳簿書類の整理保存義務も消滅する事になりますか。あるいは解散法人の元株主若しくは元取締役が二次的に帳簿書類の整理保存義務を負う事となりますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2020.04.07
  • サイト新着情報
  • M&A案件

M&A案件情報(譲渡案件)(2020年4月7日)/玩具・日用雑貨の製造(関東)、運送業(関東)

M&A案件情報(譲渡)がアップされました。

-以下のM&A案件(2件)を掲載しております-

 

●【財務内容良好】オリジナル商品・ライセンス商品の企画販売メーカー

[業種:玩具・日用雑貨の製造/所在地:関東地方]

●海上コンテナに特化した運送会社

[業種:運送業/所在地:関東地方]

 

 

 

 

 

 

  • 2020.04.06
  • サイト新着情報

不動産取得税の「相続による取得」を巡る最近のトラブル【解説ニュース】

不動産取得税の「相続による取得」を巡る最近のトラブル』についての解説記事がアップされました。

 

土地や家屋を取得した場合に課税される不動産取得税では、相続による取得の場合には非課税とされます。しかし、この相続による取得のの意味内容が問題になるケースもあります。今回は最近の裁判事例を取り上げます。

 

 

[解説]

税理士法人タクトコンサルティング(遠藤 純一)

 

 

 

 

 

 

  • 2020.03.19
  • Webセミナー
  • 事業承継税制
  • 事業承継

平成31年度税制改正における留意点、今後の活用における実務上の課題

「総合解説 個人と法人の事業承継税制」 11/11

 

Ⅱ 新事業承継税制の実務と留意事項(パネルディスカッション)

11.平成31年度税制改正における留意点、今後の活用における実務上の課題

 

 


「総合解説 個人と法人の事業承継税制」より

2019年6月18日収録

 

 

【全11回】

Ⅰ 個人版事業承継税制の概要と実務に与える影響

1.個人版事業承継税制創設の意義
2.個人版事業承継税制の概要

3.個人事業者の贈与税の納税猶予制度ほか

 

Ⅱ 新事業承継税制の実務と留意事項(パネルディスカッション)

4.一般措置と特例措置

5.先代経営者等(贈与者)

6.後継者(受贈者)

7.対象会社、対象株式

8.特例承継計画、特例認定申請、マニュアル

9.贈与から相続への切替え

10.相続時精算課税制度と暦年課税制度、民法との関係

11.平成31年度税制改正における留意点、今後の活用における実務上の課題

 

【講義内容】


平成30年に事業承継税制の特例措置が創設されたのに続き、平成31年度税制改正において個人事業者の事業承継税制が創設されました。中小企業者数の減少傾向に歯止めがかからない理由として、とりわけ小規模事業者、個人事業者の廃業が急激に進んでいることが挙げられます。

 

前半では、このような状況を打開するために創設された個人版事業承継税制について、税制創設を要望した日本商工会議所の税制専門委員会学識委員である講師が、その制度の概要と問題点、従来から存在する小規模宅地等特例(特定事業用宅地等)とどちらを使うのが有利なのか、事業承継税制との考え方の違いは何か等について、解説します。

また、新事業承継税制が創設されて1年が経過し、特例承継計画の提出件数は順調に伸びています。ただ、新事業承継税制は適用期間が10年であることから贈与税の猶予制度として生前対策として実行すべきだと理解しているものの、その仕組み・手続きが難解で、提案に躊躇している専門家、実行(贈与)に踏み切れていない経営者も多いのではないでしょうか。

 

後半では、新事業承継税制はどこがどう変わったのか、どのように進めていけば良いのか、進めるにあたって注意しておかなければならない点は何か、適用にあたっての盲点はないのか等について、従来から事業承継税制に積極的に取り組み、また、旧事業承継税制及び新事業承継税制の成立・改正に関与してきた専門家が、パネルディスカッション形式で解説します。

 

 

パネリスト:玉越賢治(税理士)、伊藤良太(弁護士)

 

 

  • 玉越 賢治 /税理士
  • 株式会社タクトコンサルティング 代表取締役社長/税理士法人タクトコンサルティング 代表社員
  • 2020.03.19
  • Webセミナー
  • 事業承継税制
  • 事業承継

相続時精算課税制度と暦年課税制度、民法との関係

「総合解説 個人と法人の事業承継税制」 10/11

 

Ⅱ 新事業承継税制の実務と留意事項(パネルディスカッション)

10.相続時精算課税制度と暦年課税制度、民法との関係

・事業承継に係る贈与税の体系
・二つの贈与税制度のメリット、デメリット
・遺留分に関する民法の原則

・遺留分算定の基礎財産等 等

 

 


「総合解説 個人と法人の事業承継税制」より

2019年6月18日収録

 

 

【全11回】

Ⅰ 個人版事業承継税制の概要と実務に与える影響

1.個人版事業承継税制創設の意義
2.個人版事業承継税制の概要

3.個人事業者の贈与税の納税猶予制度ほか

 

Ⅱ 新事業承継税制の実務と留意事項(パネルディスカッション)

4.一般措置と特例措置

5.先代経営者等(贈与者)

6.後継者(受贈者)

7.対象会社、対象株式

8.特例承継計画、特例認定申請、マニュアル

9.贈与から相続への切替え

10.相続時精算課税制度と暦年課税制度、民法との関係

11.平成31年度税制改正における留意点、今後の活用における実務上の課題

 

【講義内容】


平成30年に事業承継税制の特例措置が創設されたのに続き、平成31年度税制改正において個人事業者の事業承継税制が創設されました。中小企業者数の減少傾向に歯止めがかからない理由として、とりわけ小規模事業者、個人事業者の廃業が急激に進んでいることが挙げられます。

 

前半では、このような状況を打開するために創設された個人版事業承継税制について、税制創設を要望した日本商工会議所の税制専門委員会学識委員である講師が、その制度の概要と問題点、従来から存在する小規模宅地等特例(特定事業用宅地等)とどちらを使うのが有利なのか、事業承継税制との考え方の違いは何か等について、解説します。

また、新事業承継税制が創設されて1年が経過し、特例承継計画の提出件数は順調に伸びています。ただ、新事業承継税制は適用期間が10年であることから贈与税の猶予制度として生前対策として実行すべきだと理解しているものの、その仕組み・手続きが難解で、提案に躊躇している専門家、実行(贈与)に踏み切れていない経営者も多いのではないでしょうか。

 

後半では、新事業承継税制はどこがどう変わったのか、どのように進めていけば良いのか、進めるにあたって注意しておかなければならない点は何か、適用にあたっての盲点はないのか等について、従来から事業承継税制に積極的に取り組み、また、旧事業承継税制及び新事業承継税制の成立・改正に関与してきた専門家が、パネルディスカッション形式で解説します。

 

 

パネリスト:玉越賢治(税理士)、伊藤良太(弁護士)

 

 

  • 玉越 賢治 /税理士
  • 株式会社タクトコンサルティング 代表取締役社長/税理士法人タクトコンサルティング 代表社員
  • 2020.03.19
  • Webセミナー
  • 事業承継税制
  • 事業承継

贈与から相続への切替え

「総合解説 個人と法人の事業承継税制」 9/11

 

Ⅱ 新事業承継税制の実務と留意事項(パネルディスカッション)

9.贈与から相続への切替え

・一般措置適用者に相続が発生した場合の適用 等

 

 


「総合解説 個人と法人の事業承継税制」より

2019年6月18日収録

 

 

【全11回】

Ⅰ 個人版事業承継税制の概要と実務に与える影響

1.個人版事業承継税制創設の意義
2.個人版事業承継税制の概要

3.個人事業者の贈与税の納税猶予制度ほか

 

Ⅱ 新事業承継税制の実務と留意事項(パネルディスカッション)

4.一般措置と特例措置

5.先代経営者等(贈与者)

6.後継者(受贈者)

7.対象会社、対象株式

8.特例承継計画、特例認定申請、マニュアル

9.贈与から相続への切替え

10.相続時精算課税制度と暦年課税制度、民法との関係

11.平成31年度税制改正における留意点、今後の活用における実務上の課題

 

【講義内容】


平成30年に事業承継税制の特例措置が創設されたのに続き、平成31年度税制改正において個人事業者の事業承継税制が創設されました。中小企業者数の減少傾向に歯止めがかからない理由として、とりわけ小規模事業者、個人事業者の廃業が急激に進んでいることが挙げられます。

 

前半では、このような状況を打開するために創設された個人版事業承継税制について、税制創設を要望した日本商工会議所の税制専門委員会学識委員である講師が、その制度の概要と問題点、従来から存在する小規模宅地等特例(特定事業用宅地等)とどちらを使うのが有利なのか、事業承継税制との考え方の違いは何か等について、解説します。

また、新事業承継税制が創設されて1年が経過し、特例承継計画の提出件数は順調に伸びています。ただ、新事業承継税制は適用期間が10年であることから贈与税の猶予制度として生前対策として実行すべきだと理解しているものの、その仕組み・手続きが難解で、提案に躊躇している専門家、実行(贈与)に踏み切れていない経営者も多いのではないでしょうか。

 

後半では、新事業承継税制はどこがどう変わったのか、どのように進めていけば良いのか、進めるにあたって注意しておかなければならない点は何か、適用にあたっての盲点はないのか等について、従来から事業承継税制に積極的に取り組み、また、旧事業承継税制及び新事業承継税制の成立・改正に関与してきた専門家が、パネルディスカッション形式で解説します。

 

 

パネリスト:玉越賢治(税理士)、伊藤良太(弁護士)

 

 

  • 玉越 賢治 /税理士
  • 株式会社タクトコンサルティング 代表取締役社長/税理士法人タクトコンサルティング 代表社員
  • 2020.03.19
  • Webセミナー
  • 事業承継税制
  • 事業承継

特例承継計画、特例認定申請、マニュアル

「総合解説 個人と法人の事業承継税制」 8/11

 

Ⅱ 新事業承継税制の実務と留意事項(パネルディスカッション)

8.特例承継計画、特例認定申請、マニュアル

・計画の提出及び贈与・相続の期間制限
・特例承継計画の確認 等

 

 


「総合解説 個人と法人の事業承継税制」より

2019年6月18日収録

 

 

【全11回】

Ⅰ 個人版事業承継税制の概要と実務に与える影響

1.個人版事業承継税制創設の意義
2.個人版事業承継税制の概要

3.個人事業者の贈与税の納税猶予制度ほか

 

Ⅱ 新事業承継税制の実務と留意事項(パネルディスカッション)

4.一般措置と特例措置

5.先代経営者等(贈与者)

6.後継者(受贈者)

7.対象会社、対象株式

8.特例承継計画、特例認定申請、マニュアル

9.贈与から相続への切替え

10.相続時精算課税制度と暦年課税制度、民法との関係

11.平成31年度税制改正における留意点、今後の活用における実務上の課題

 

【講義内容】


平成30年に事業承継税制の特例措置が創設されたのに続き、平成31年度税制改正において個人事業者の事業承継税制が創設されました。中小企業者数の減少傾向に歯止めがかからない理由として、とりわけ小規模事業者、個人事業者の廃業が急激に進んでいることが挙げられます。

 

前半では、このような状況を打開するために創設された個人版事業承継税制について、税制創設を要望した日本商工会議所の税制専門委員会学識委員である講師が、その制度の概要と問題点、従来から存在する小規模宅地等特例(特定事業用宅地等)とどちらを使うのが有利なのか、事業承継税制との考え方の違いは何か等について、解説します。

また、新事業承継税制が創設されて1年が経過し、特例承継計画の提出件数は順調に伸びています。ただ、新事業承継税制は適用期間が10年であることから贈与税の猶予制度として生前対策として実行すべきだと理解しているものの、その仕組み・手続きが難解で、提案に躊躇している専門家、実行(贈与)に踏み切れていない経営者も多いのではないでしょうか。

 

後半では、新事業承継税制はどこがどう変わったのか、どのように進めていけば良いのか、進めるにあたって注意しておかなければならない点は何か、適用にあたっての盲点はないのか等について、従来から事業承継税制に積極的に取り組み、また、旧事業承継税制及び新事業承継税制の成立・改正に関与してきた専門家が、パネルディスカッション形式で解説します。

 

 

パネリスト:玉越賢治(税理士)、伊藤良太(弁護士)

 

 

  • 玉越 賢治 /税理士
  • 株式会社タクトコンサルティング 代表取締役社長/税理士法人タクトコンサルティング 代表社員
  • 2020.03.19
  • Webセミナー
  • 事業承継税制
  • 事業承継

対象会社、対象株式

「総合解説 個人と法人の事業承継税制」 7/11

 

Ⅱ 新事業承継税制の実務と留意事項(パネルディスカッション)

7.対象会社、対象株式

・後継者の取得株式数要件
・黄金株(拒否権付種類株式)、他の種類株式、属人的株式の取扱い 等

 

 


「総合解説 個人と法人の事業承継税制」より

2019年6月18日収録

 

 

【全11回】

Ⅰ 個人版事業承継税制の概要と実務に与える影響

1.個人版事業承継税制創設の意義
2.個人版事業承継税制の概要

3.個人事業者の贈与税の納税猶予制度ほか

 

Ⅱ 新事業承継税制の実務と留意事項(パネルディスカッション)

4.一般措置と特例措置

5.先代経営者等(贈与者)

6.後継者(受贈者)

7.対象会社、対象株式

8.特例承継計画、特例認定申請、マニュアル

9.贈与から相続への切替え

10.相続時精算課税制度と暦年課税制度、民法との関係

11.平成31年度税制改正における留意点、今後の活用における実務上の課題

 

【講義内容】


平成30年に事業承継税制の特例措置が創設されたのに続き、平成31年度税制改正において個人事業者の事業承継税制が創設されました。中小企業者数の減少傾向に歯止めがかからない理由として、とりわけ小規模事業者、個人事業者の廃業が急激に進んでいることが挙げられます。

 

前半では、このような状況を打開するために創設された個人版事業承継税制について、税制創設を要望した日本商工会議所の税制専門委員会学識委員である講師が、その制度の概要と問題点、従来から存在する小規模宅地等特例(特定事業用宅地等)とどちらを使うのが有利なのか、事業承継税制との考え方の違いは何か等について、解説します。

また、新事業承継税制が創設されて1年が経過し、特例承継計画の提出件数は順調に伸びています。ただ、新事業承継税制は適用期間が10年であることから贈与税の猶予制度として生前対策として実行すべきだと理解しているものの、その仕組み・手続きが難解で、提案に躊躇している専門家、実行(贈与)に踏み切れていない経営者も多いのではないでしょうか。

 

後半では、新事業承継税制はどこがどう変わったのか、どのように進めていけば良いのか、進めるにあたって注意しておかなければならない点は何か、適用にあたっての盲点はないのか等について、従来から事業承継税制に積極的に取り組み、また、旧事業承継税制及び新事業承継税制の成立・改正に関与してきた専門家が、パネルディスカッション形式で解説します。

 

 

パネリスト:玉越賢治(税理士)、伊藤良太(弁護士)

 

 

  • 玉越 賢治 /税理士
  • 株式会社タクトコンサルティング 代表取締役社長/税理士法人タクトコンサルティング 代表社員
  • 2020.03.03
  • Q&A
  • バリュエーション

DCF法の算定に必要な割引率(加重平均資本コスト)

Q

DCF法の適用にあたっては、一般的に、「事業計画から見込まれる利払前のフリーキャッシュフロー(FCF)を、加重平均資本コスト(Weighted Average Cost of Capital;WACC)を用いて割引現在価値を算出する方法)を用いる」とのことです。「加重平均資本コスト」について、概要を教えてください。

  • 2020.01.23
  • Q&A
  • バリュエーション

DCF法の算定における継続価値

Q

DCF法の算定においては、事業計画よりも後の年度のフリーキャッシュフローを継続価値として見込むそうですが、「継続価値」について教えてください。