• 2019.02.07
  • Q&A
  • バリュエーション

M&A実務で採用される事業価値評価方法

Q

これまで時価純資産方式か財産評価基本通達による評価しか経験がありません。M&Aの実務」ではどの「評価方法」が多く採用されているのでしょうか。また、企業規模や地域、業種により違いはあるのでしょうか。

 

 

[関連コンテンツ]

◆Q&A解説「欠損会社の事業譲渡の際の営業権の評価」

◆Q&A解説「事業価値、企業価値、株主価値の違い」

◆入門解説「いくらで売却できる?-譲渡金額の算出方法― ~ゼロから学ぶ「M&A超入門」①~」

A

解説者

  • 宮口 徹 /公認会計士、税理士
  • 宮口公認会計士・税理士事務所 代表
  • 事業承継型M&A、ベンチャーM&A、事業承継対策、組織再編成、事業再生、税務全般、財務税務DD、バリュエーション、スキーム策定、M&Aアドバイザリー
  • (ご注意)
  • 掲載情報は、解説作成時点の情報です。また、例示された質問のみを前提とした解説となります。類似する全ての事案に当てはまるものではございません。個々の事案につきましては、ご自身の判断と責任のもとで適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い申し上げます。
  • 当社および本サービスに情報を提供してい各専門家は、本サービスに掲載されている情報の正確性については万全を期していますが、本サービスの情報の利用に伴い、利用者に不利益や損害が発生した場合であっても、当社および当該各専門家はその責任を一切負うものではありません。