• 2019.08.07
  • サイト新着情報

適格合併における従業員引継要件【税理士のための税務事例解説】

事業承継やM&Aに関する税務事例について、国税OB税理士が解説する事例研究シリーズです。今回は、「適格合併における従業員引継要件」についてです。

 

 

※このページでは「質問」のみご紹介いたします(回答は本文ページにてご覧ください)

 

[質問]

「A社」は「B社」を吸収合併する予定です。株式保有は50%超(100%ではない)で、適格要因として「金銭不交付要件」「支配関係継続要件」「事業継続要件」は満たしています。しかし、「従業者引継要件」を満たすかどうかの判断で悩んでいます。「A社」と「B社」の雇用形態が異なるので「B社」の従業者は合併までに一度退職金を支払って退職してもらい「A社」で再雇用をしたいと思います。何か良い方法(適格要件を満たす)はあるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

  • 2019.08.06
  • サイト新着情報

「親族外承継における課題」~コンサルティングという観点からの『事業承継』とは?⑤~【中小企業経営者のためのワンポイント解説】

『「親族外承継における課題」~コンサルティングという観点からの『事業承継』とは?⑤』についての解説記事がアップされました。

 

コンサルティングという観点からみた「事業承継」と題した5回目として、第1回でご紹介したタイプB(健全性は高いものの親族内後継者がいない会社)に着目します。タイプBは、親族外の役員・従業員へ承継するケースと、第三者へ売却するケースに分けられますが、今回は、親族外の役員・従業員へ承継するケースを解説します。

 

[解説]

税理士法人髙野総合会計事務所 関場靖人/公認会計士

 

 

  • 2019.08.05
  • サイト新着情報

令和元年分の路線価公表・地価上昇による相続税への影響【解説ニュース】

『令和元年分の路線価公表・地価上昇による相続税への影響』についての解説記事がアップされました。土地の相続税評価額への影響や地価の上昇と小規模宅地の評価減の関係について解説いたします。

 

[解説]

税理士法人タクトコンサルティング(厚地満里 /税理士)

 

 

 

  • 2019.07.29
  • サイト新着情報

個人版事業承継税制とは?制度の概要や手続きをわかりやすく解説!【個人版事業承継税制 入門ガイド】

個人版事業承継税制の概要や手続きをわかりやすく解説した「個人版事業承継入門ガイド」がアップされました。

 

「個人版事業承継税制とは?」「納税が必要になる場合とは?」「納税額はどのように計算するの?」「手続きは?」「個人事業承継計画とは?」「書類などはどこで入手するの?」「個人版事業承継税制のおすすめ書籍は?」など皆さまの疑問にお答えします。

 

[監修]

税理士法人山田&パートナーズ 税理士 北澤淳

 

 

  • 2019.07.29
  • サイト新着情報

後継者ごとの対処法 ~ゼロから学ぶ「事業承継 超入門」②~【初級者のための入門解説】

『後継者ごとの対処法 ~ゼロから学ぶ「事業承継 超入門」②~』がアップされました。

 

事業承継の基礎ポイントを、わかりやすく解説する「ゼロから学ぶ『事業承継 超入門』」シリーズ。

今回は、「後継者ごとの対処法」として、それぞれのケースにおいて、どの様な対処法を取るべきなのかを整理します。

 

[解説]

公認会計士・税理士  植木康彦(Ginza会計事務所)

 

 

 

 

 

 

  • 2019.07.23
  • サイト新着情報

M&Aに伴う手数料の処理【税理士のための税務事例解説】

事業承継やM&Aに関する税務事例について、国税OB税理士が解説する事例研究シリーズです。今回は、「M&Aに伴う手数料の処理」についてです。

 

 

※このページでは「質問」のみご紹介いたします(回答は本文ページにてご覧ください)

 

[質問]

甲社は、コンサルタント会社A社から話を持ちかけられ、B社の株式取得を検討することとなりました。甲社は、A社と情報収集・仲介・株式取得に向けた諸手続・B社従業員等へのフォロー・新たな体制づくりのフォローを含め、総合的なコンサルタント契約を結びました。株式取得が行われなかった場合は、その時点で契約終了となり、A社へ手数料を支払い、費用処理を行いますが、株式取得を行う場合、前述の各種業務を引続きお願いすることとなり、契約で定めた期間満了時に手数料を支払う予定です。

 

この場合の手数料の処理は、期間満了時に属する事業年度の損金として差し支えないでしょうか。或いは、株式の取得価額に含めるべきものとして資産計上すべきでしょうか。

 

 

 

 

 

 

  • 2019.07.22
  • サイト新着情報

離婚に伴い自宅を財産分与する場合の税務上の取扱い等-2/2 ~財産分与を受ける側~【解説ニュース】

『離婚に伴い自宅を財産分与する場合の税務上の取扱い等-2/2 ~財産分与を受ける側~』についての解説記事がアップされました。

質問形式でわかりやすく解説いたします。

 

[解説]

税理士法人タクトコンサルティング(宮田房枝/税理士)

 

 

※このページでは「問」のみ記載します(回答は本文ページにてご覧ください)

 

 

【問】

私(妻)はこの度、夫と協議離婚をすることとなりました。離婚に伴い、婚姻期間中の財産の清算として、婚姻期間中に夫名義で取得した自宅の土地及び建物(以下「自宅」)を夫から財産分与により取得する予定です。離婚に伴う税務上の留意点等を教えてください。

 

 

 

 

  • 2019.07.18
  • サイト新着情報

M&Aで売却しやすい会社とは? ~ゼロから学ぶ「M&A超入門」④~【初級者のための入門解説】

『M&Aで売却しやすい会社とは? ~ゼロから学ぶ「M&A超入門」④~』がアップされました。

 

M&A実務の基礎ポイントを、わかりやすく解説する「ゼロから学ぶ『M&A超入門』」シリーズ。

今回は、売却しやすい会社の特徴を「業界・ビジネスモデル」「財務面」「組織面」から解説します。皆さまの「売却しやすい会社にするためは?」という疑問にお答えします。

 

[解説]

公認会計士・税理士  植木康彦(Ginza会計事務所)

公認会計士・本山純(Ginza会計事務所)

 

 

 

 

 

 

  • 2019.07.09
  • サイト新着情報

子が事業を引き継いだ場合の引き継いだ資産に係る減価償却【税理士のための税務事例解説】

事業承継やM&Aに関する税務事例について、国税OB税理士が解説する事例研究シリーズです。今回は、「子が事業を引き継いだ場合の引き継いだ資産に係る減価償却」についてです。

 

 

※このページでは「質問」のみご紹介いたします(回答は本文ページにてご覧ください)

 

[質問]

個人事業主の父が廃業して息子が事業を引き継ぎました。父が事業で使用していた機械装置をそのまま息子が使用しているのですが、この場合、使用貸借の扱いで、息子がその機械を減価償却して経費にすることは可能でしょうか。
※息子の機械引継ぎの仕訳 機械装置(帳簿価額)/事業主借(帳簿価格)

 

 

 

 

 

 

  • 2019.07.08
  • サイト新着情報

相続税の個人版事業承継税制の対象資産(「特定事業用資産」)【解説ニュース】

『相続税の個人版事業承継税制の対象資産(「特定事業用資産」)』についての解説記事がアップされました。

相続税の個人版事業承継税制の概要から、特定事業用資産の意義(特定事業用資産の範囲、先代事業者の生計一親族の所有する資産)、小規模宅地等の特例の適用を受ける者がいる場合などをわかりやすく解説!

 

[解説]

税理士法人タクトコンサルティング(山崎信義/税理士)

 

 

 

 

  • 2019.07.01
  • サイト新着情報

最近の事例にみる「不動産所得で経費になるもの」【解説ニュース】

『最近の事例にみる「不動産所得で経費になるもの」』についての解説記事がアップされました。

最近の裁決をもとに、「不動産所得で経費になるもの」について、その考え方をわかりやすく解説!

 

[解説]

税理士法人タクトコンサルティング(遠藤 純一)

 

 

 

 

 

  • 2019.06.24
  • サイト新着情報

離婚に伴い自宅を財産分与する場合の税務上の取扱い等-1/2 ~財産分与をする側~【解説ニュース】

『離婚に伴い自宅を財産分与する場合の税務上の取扱い等』についての解説記事がアップされました。

質問形式でわかりやすく解説いたします。

 

[解説]

税理士法人タクトコンサルティング(宮田房枝/税理士)

 

 

※このページでは「問」のみ記載します(回答は本文ページにてご覧ください)

 

【問】

私(夫)はこの度、妻と協議離婚をすることとなりました。離婚に伴い、婚姻期間中の財産の清算として、婚姻期間中に私名義で取得した自宅の土地及び建物(以下「自宅」)を妻へ財産分与する予定です。離婚に伴う税務上の留意点等を教えてください。

 

 

 

 

 

  • 2019.06.18
  • サイト新着情報

事業承継税制の要件における会社の代表権を有していたことの意義【税理士のための税務事例解説】

事業承継やM&Aに関する税務事例について、国税OB税理士が解説する事例研究シリーズです。今回は、事業承継税制(特例措置)の適用要件の一つである「先代経営者等である贈与者」の要件についてです。

 

 

※このページでは「質問」のみご紹介いたします(回答は本文ページにてご覧ください)

 

[質問]

事業承継税制におけるこのたびの特例措置を適用したく、作業を進めています。その適用要件のなかで、「先代経営者等である贈与者」の要件について以下の3つを定めています。

 

(1) 会社の代表権を有していたこと
(2) 贈与の直前において、贈与者及び贈与者と特別の関係が有る者で総議決権数の50%超の議決権を保有し、かつ、後継者を除いたこれらの者の中で最も多くの議決権数を保有していたこと。
(3) 贈与時において、会社の代表権を有していないこと。

 

当社は、「先代経営者等である贈与者」にあたる者が、取締役に就任しているものの、代表取締役に過去に一度も就任しておりません。
そのため、これから代表取締役になるべく定款変更(共同代表取締役)し、就任しようと思っています。このスキームで(1)の要件を満たすでしょうか。

 

 

 

 

 

  • 2019.06.17
  • サイト新着情報

贈与を受けた金銭を全て敷地の対価に充てた場合の住宅取得等資金に係る贈与税の非課税の適用【解説ニュース】

『贈与を受けた金銭を全て敷地の対価に充てた場合の住宅取得等資金に係る贈与税の非課税の適用』についての解説記事がアップされました。質問形式にてわかりやすく解説いたいします。

 

[解説]

税理士法人タクトコンサルティング(山崎信義/税理士)

 

 

※このページでは「問」のみ記載します(回答は本文ページにてご覧ください)

 

【問】

Aさんと妻のBさんは、自宅を新築することにしました。自宅の建築に先立ち、Aさん夫婦は資金を出し合い、2019年5月に土地を対価3,000万円で取得(AさんとBさんが1,500万円ずつを負担し、持分1/2の共有)しました。Bさんはこの土地の取得に際し、実父から2019年1月に現金700万円の贈与を受けています。Aさんは2019年中にその土地の上に自宅を対価2,000万円で建築(建築費用は全額Aさんが負担し、Aさんの単独所有)、引渡しを受けて同年中に居住する予定です。

 

上記の計画通りに2019年中に自宅の建築が完了し、Aさんが同年中に引渡しを受けて夫婦で居住した場合、Bさんが実父から贈与を受けた現金700万円は、「住宅取得等資金に係る贈与税の非課税」(租税特別措置法(措法)70条の2。以下「本特例」)の適用を受けることができますか。

 

 

 

 

 

 

  • 2019.06.14
  • サイト新着情報

会社を半年で売却できる?-M&Aのスケジュール- ~ゼロから学ぶ「M&A超入門」③~【初級者のための入門解説】

M&A実務の基本ポイントを、わかりやすく解説する「ゼロから学ぶ『M&A超入門』」シリーズ。第3回目の解説記事がアップされました。

今回は、「全体スケジュール」「従業員や関係者への伝え方」について考えてみたいと思います。「M&Aで相談先は?」「M&Aではどれくらいの期間で売却できる?」「従業員にはいつ伝える?」など、皆さまの疑問にお答えます。

 

 

[解説]

公認会計士・税理士  植木康彦(Ginza会計事務所)

 

 

 

 

 

  • 2019.06.13
  • サイト新着情報

「親族内承継の物的対策・人的対策」~コンサルティングという観点からの『事業承継』とは?④~【中小企業経営者のためのワンポイント解説】

『「親族内承継の物的対策・人的対策」~コンサルティングという観点からの「事業承継」とは?④』  がアップされました。

 

コンサルティングという観点からみた「事業承継」と題した4回目として、事業承継対策における具体的な検討事項について、親族内承継を前提に、お金の対策及び人の対策に分けて解説します。

 

[解説]

税理士法人髙野総合会計事務所 田中信宏/公認会計士

 

 

 

  • 2019.06.10
  • サイト新着情報

個人版事業承継税制 超入門ガイド(その2)~適用後の手続と注意点~【初級者のための入門解説】

『個人版事業承継税制 超入門ガイド(その2)~適用後の手続と注意点~』がアップされました。

前回に引き続き、個人版事業承継税制を、ざっくり、やさしく、わかりやすく解説します。今回のテーマは、「適用後の手続きと留意点」です。「適用後の手続きは?」「取消事由とは?」「どのような方におススメなの?」など、皆さまの素朴な疑問にお答えします。

 

[解説]

税理士 村本政彦(税理士事務所クオリス)

 

 

 

 

 

  • 2019.06.04
  • サイト新着情報

事業承継の進め方いろいろ ~ゼロから学ぶ「事業承継 超入門」①~【初級者のための入門解説】

『事業承継の進め方いろいろ ~ゼロから学ぶ「事業承継 超入門」①~』がアップされました。

事業承継の基本ポイントを分かりやすく解説する「事業承継 超入門」シリーズです。第1回目は、事業承継を検討するうえで、最初に考えなければいけない「事業承継の進め方」について承継方法ごとにメリットやデメリットを踏まえて確認していきます。

 

 

[解説]

公認会計士・税理士 植木康彦(Ginza会計事務所)

 

 

 

 

 

 

  • 2019.06.03
  • サイト新着情報

事業承継税制の特例 ~『後継者要件』について解説~【ワンポイト解説】

『事業承継税制の特例 ~『後継者要件』について解説~』がアップされました。

平成30年度税制改正により「事業承継税制の特例措置」において、後継者の要件が緩和されました。これまでの「一般措置」では、納税猶予の対象となる後継者は1名しか認められておりませんでしたが、「特例措置」では、最大3人の後継者への承継が可能になりました。その結果、会社の実情に合わせた多様な承継方法が選べるようになりました。そこで今回は、具体的な後継者の要件や注意点を確認いたします。

 

[解説]

税理士法人髙野総合会計事務所 深川雄/税理士

 

 

  • 2019.05.27
  • サイト新着情報

事業承継税制の注意点~事業承継に活用したい手法~【事業承継の専門家によるコラム】

『事業承継税制の注意点~事業承継に活用したい手法~』の解説記事がアップされました。シリーズ事業承継の活用手法として、中小企業の事業承継や財産の分散防止に効果的な信託などを解説していますが、今回は「事業承継税制の注意点」をお送りします。

 

[解説]

ビジネス・ブレイン税理士事務所(畑中孝介/税理士)